あなたは大丈夫?アフィリエイトに必要なパソコン基礎知識

server
このページの内容

・ブラウザでサイトが表示される仕組み

・レジストラとドメインについて

・IPアドレスについて

・ディレクトリ構造ってなに?

今回の記事では、アフィリエイトをしていく際に必要な
パソコン基礎知識についてお話しします。

 

といっても、難しいものではないので安心してください。

アフィリエイトで必要なコンピューターの知識は
ごく限られたもの
です。

 

私も特別なパソコンの資格は持っていませんし、

妻も月100万円以上稼ぐスーパーアフィリエイター
になった今でも、

「無線LANって何?」と言って周りを驚かせています。 汗

無線LANは、LANケーブルをPCにつながなくても
インターネットが出来る仕組みと考えておけば十分です。

このように、記事では厳密なお話はしません

ある程度のイメージをつかむだけで、アフィリエイトを
やっていくには十分です。

この記事に書かれている内容をすべて理解しなくても
大丈夫です。ふんわりとしたイメージよく使う用語だけ
覚えてください。

多分・・妻も完全には理解してません 苦笑

 

このイメージができると、アフィリエイト準備編や実践編で
様々な設定をしていくときに、やっていることの意味が分かる
ので、大きな力になります。

 

設定を間違う可能性が減りますし、間違ってエラーが出ても
自分で調べて対処できるようになります。

 

そしてなにより・・

何をやっているのか、よく分からない設定をするのは
苦痛じゃないですか? 笑

 

ブラウザでサイトが表示される仕組み

それでは、ブラウザでサイトが表示される仕組みについて
見ていきましょう。

ブラウザは、あなたがこの画面を見ているときに使っている
ソフトのことです。

例えば、Google Chrome、Firefox、Internet Explorer(IE)、
Safariなどがあります。

あなたが見ている当ブログのインターネット上の住所
「asahi-affiliate.com」で、これをドメインと呼びます。

このドメインで働いているコンピューターサーバーです。

ブラウザで当サイトを表示したとき、裏では以下の図のような
やり取りが行われています。

Webサーバー

サイトを表示するため、ドメイン「asahi-affiliate.com」に
データを取りに行くのですが、

ドメインは私たち人間が理解するためのもので、
実はコンピューターは直接には理解できません。 汗

 

コンピューターが直接理解できるインターネット上の住所
IPアドレス(略してIP)と呼ばれています。

 

ドメインからIPアドレスを教えてくれるコンピューター
ネームサーバーDNSサーバー)です。

 

当サイトの例では、「asahi-affiliate.comってどこ?」と聞くと、
「183.90.250.29だよ!」と教えてくれます。

 

このIPアドレスを使って、当サイトのデータが保存されている
サーバーからデータを受け取ります。

 

アフィリエイトをしていくうえで意識することは少ないですが、

このブラウザにデータを送るサーバーWebサーバーと言います。
(うぇぶさーばー、と読みます)

 

また、Webサーバーからデータを取って来る方法
HTTPプロトコルと呼び、

「http://asahi-affiliate.com」は、
「HTTPプロトコルでasahi-affiliate.comからデータを取ってきて!」

という意味になります。

若干正確さを欠きますが、この「http://」とドメインを含めた
全体「http://asahi-affiliate.com」をURLと呼びます。

HTTPとURLの意味は、書くと逆に分からなくなると思うので
略します。 笑

 

さて、

では元々、サイトのデータはどのようにして、
サーバーに送られたのか分かりますか?

 

これは、あなたがアフィリエイトサイトを作成し、
そのデータをサーバーに送るときに重要になってきますので、
よく覚えておいてくださいね。

 

このサーバーにデータを送る方法は、FTPプロトコルと
呼ばれ、データを受け取るコンピューターFTPサーバー
と言います。

FTPサーバーは、えふてぃーぴーさーばーと読みます。

英語では、File Transfer Protocolで、ファイル送信方法
の意味と分かれば覚えやすいのではないでしょうか?

実際にFTPサーバーにデータを送るソフトのことを
FTPクライアントと呼び、具体的なソフトにはFFFTP
などがあります。

(詳細はアフィリエイト準備編でご紹介します)

 

それでは、FTPでデータを送る流れを見てみましょう。

FTPサーバー

IPアドレスがWebサーバーと同じと気づかれた
かもしれません。

 

WebサーバーもFTPサーバーも実は同じコンピューターで、

サイトを表示させるための機能(Webサーバー)と
サイトのデータを受け取るための機能(FTPサーバー)を
区別するために、別のドメインになっていると考えてください。

 
 

レジストラとドメインの構造

レジストラって?

あなたがこれからアフィリエイトサイトを作成し、
サイト訪問者を受け入れるには、

サイトのデータを置くサーバーと、その住所を示す
ドメインを取得する必要があります。

 

ドメインは当ブログの「asahi-affiliate.com」を
例にお話ししましたが、

もちろん、あなたのサイト専用のドメインを取得する
必要があります。

「asahi-affiliate」の部分をあなたが選ぶということです。

 

このドメイン取得サービスを提供している会社のことを
レジストラと呼びます。(英語で登録者の意味です)

具体的には、お名前.com、Value Domain、
ムームードメインなどがあります。

上でお話ししたネームサーバーの設定も
このレジストラで行います。

(詳しくはアフィリエイト準備編でお話しします)

 

ドメインの構造

インターネット上の住所を示すドメインには、
実際の住所と同じように構造があります。

 

例えば、実際の住所「神奈川県藤沢市」では、
「神奈川県」という大きなくくりの次に、
「藤沢市」がきますよね?

 

ドメインも大小の順序は逆(右から左)ですが、
大きなくくりと、小さなくくりの構造になっています。

 

あなたも使ったことがあるかもしれない
ヤフオクのドメイン「auctions.yahoo.co.jp」を
分解してみましょう。

 

まず、「.jp」が一番大きなくくりで、その名のとおり
トップレベルドメインTLD)と呼ばれています。

jpはJaPanの略で日本のドメインですよ~ということですね。

 

次に、coは会社(COrporation)を意味しています。

 

続いて、yahooが独自の部分になります。
アフィリエイターがレジストラで決めるのもこの部分です。

図で見ると次のようになります。

ドメインの構造

なお、トップレベルドメインの次が独自部分になることも多い
のでご注意を。

「.co.jp」は日本の会社という意味なので、セットで
トップレベルドメインのようなものと考えた方がいいかも
しれません。

実際、アフィリエイターがよく使う「.com」「.net」「.biz」
などのトップドメインでは、その次をレジストラで決めます。

例えば、当ブログの「asahi-affiliate.com」では、
赤字の部分をレジストラで決めました。

 

さて、独自部分につづく「auction」の部分を
サブドメインと呼びます。

 

これはサイトのデータを置くサーバーを契約し、

レジストラで取得したドメインを登録すると
自由に追加で作ることができます。

 

イメージとしては、独自部分までの
「yahoo.co.jp」が家の住所だとすると、

「auction」は部屋の名前といったところでしょうか。

 

アフィリエイトでは、個別の商品サイトごとに
サブドメインを作成し、

サイトを設置するときに使います。

 

例えば、

  • 商品A.asahi-affiliate.com
  • 商品B.asahi-affiliate.com
  • 商品C.asahi-affiliate.com

のように使います。

 

 

IPアドレスについてもう少し詳しく

さて、私たち人間が理解できるインターネット上の
住所であるドメインが大きなくくりと、
小さなくくりを持っていたように、

コンピューターが理解できるインターネット上の
住所であるIPアドレスにも同様の構造があります。

IPの大小の順序は(左から右)とドメインと逆です。

ややこしいですね・・汗

 

その構造は次のようになっています。

IP構造

図のように、「.」で区切られ、一番大きなくくりの
クラスAから一番小さなクラスDまで分かれています。

この4つの数字の組で表す方法はIPv4(IPバージョン4)
と呼ばれています。

最近はより長く複雑なIPv6(IPバージョン6)もありますが、
現時点では気にしなくてもOKです。

 

これが肝心のアフィリエイトにどう関わってくるか
説明しますね。

サイトの検索順位を上げる施策であるSEOでは、
アフィリエイトサイトにリンクを貼ります。

しかし、あまり近いIP(クラスD)同士からだと、
Google様からペナルティを受けてしまうのです。 汗
(正確にはあるリンク数を超えると・・です)

あまり近いIP同士からのリンクは同じサーバー群からの
リンクと分かるので、いわゆる身内びいきと判断される
ということです。

ちなみに、リンクはそれをクリックとサイトに飛ぶ文字のアレです。
あなたも当サイトに来るときに踏みましたよね?

リンクはリンク元のサイトがリンク先のサイトを評価
している事を意味するので、SEOの中心的な施策になります。

 

目次に戻る

 

ディレクトリについても抑えておこう

これまで見てきたドメインは家(や部屋)の住所でしたが、

これからお話しするディレクトリは、家の中の物の場所
をイメージして頂けたらと思います。

 

で、物はあるべきところにあるべきなんですね。
冷蔵庫の中に靴をしまったら嫁にしばかれますよね? 滝汗

 

あなたがこれからアフィリエイトサイトを作成して、
そのデータをサーバーにFTPで置くとき、

置くべき場所があるんです。次の画像を見てください。

ディレクトリ1

 

これは当ブログのサーバーをFTPクライアントソフトで
見たものです。

一番大きなくくりが赤枠のディレクトリの一番最初の「/
です。

 

レンタルしたサーバーにもよりますが、サーバーのデータは
緑枠の「public_html」に入れることが多いです。

これを「log」に入れてしまったら、サイトはうまく表示
されません・・

 

Directory2

 

意外と陥りやすい罠なので、ディレクトリには注意しましょう。

 

くくりの区切りは、ドメインとIPで「.」でしたが、
ディレクトリではトップの「/」と同じ「/」になります。

一方、あなたも使っているかもしれないWindowsにも
ディレクトリ構造があります。

フォルダと呼ばれているアレです。

 

Windwosのフォルダ

 

この画像は、Windowsの壁紙がある場所を開いています。
(このように表示されない場合もあります)

赤枠の部分がディレクトリ(フォルダ)で、

これから使っていくソフトの中には、決まったディレクトリに
ファイルを置かないと機能しないものもあります

 

そういったことを避けるには、

漠然とファイルを扱うのではなく、扱っているファイルが
どこのディレクトリにあるか意識する癖をつけるのが一番です。

 

今日もお疲れさまでした!
この調子で頑張っていきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA