2020年はペラサイトでも稼げるの?

  • 2020年(今でも)ペラサイトは稼げるの?
  • ペラサイトで稼げる時代は終わった?

時間がないから簡単なペラサイトで稼ぎたい。でもペラサイトって今でも通用するの?

こんなお悩みをお持ちではないでしょうか。

朝日

結論から先に言うと今でもペラサイトで稼げます。自分は今でもペラサイトで月30万円ほど稼げています。

この記事では手っ取り早くペラサイトで稼ぎたい方に向けて、ペラサイトで稼ぐ方法をご紹介します。

ペラサイトで稼ぐために必要なこと

ペラサイトでも上がるKWを狙う

ペラサイトで稼ぐ上で最も大切なことは

ペラサイトでも上位表示されるキーワードを狙う

ことです。

なぜだかわかりますか?

 

ペラサイトはその名の通り1Pだけのペラペラのサイトです。

朝日

つまり、それだけのコンテンツ量でも上位表示されかつコンバージョンするキーワードを狙わなければいけません。

 

ではペラサイトで上位表示されるキーワードってどんなキーワードでしょうか?

例えば

  • ニッチキーワード
  • マニアックなキーワード
  • 悩みが深いキーワード
  • 3語のキーワード
  • 商標

などです。

 

これらのキーワードは

検索数が少ないがライバルが弱い

のが特徴です。

 

ペラサイトはタイトル名(H1)でキーワードを狙えるのが強みです。

朝日
例えば狙うキーワードにメディアの個別Pが上位表示されていても、H1でそのKWをペラサイトで狙えば順番を抜くことが可能です。(実証済み)

 

なので、CVRしやすくライバルが弱いKWはタイトル名に狙うキーワードを入れるだけで上位表示され、報酬が発生します。

まずは『ペラサイトでも上がれるほどKWを選ぶ』ことを大前提に頭に入れておいてくださいね。

中古ドメインを使う

ペラサイトはコンテンツで見るとパワーが弱いです。

たった1Pしかありませんから、当然っちゃ当然ですよね。

 

なので中古ドメインのパワーが必須です。(ライバルが全くいない場所なら新規ドメインでも可)

 

朝日
ニッチキーワードであっても同じキーワードで攻めにきているライバルサイトがいれば、中古ドメインのパワーは必須だと思って下さい。

 

中古ドメインの強さは強ければ強いほど理想的です。

ただ、狙ったキーワードで上位表示させるだけの強さがあればOKです。

 

弱いキーワードにバカ高い中古ドメインを使う必要はありません。

キーワードやライバル状況によってどのくらいの強さのドメインが必要かはサイトを作るうちにだんだん見定められるようになります。

 

中古ドメイン業者で売られている値段でいうとだいたい2,000円~3,000円くらいでいいと思います。

ちなみに自分はこちらの塾で1つ2,000円くらいで購入したドメインが月250万円ほど稼ぐサイトに化けてくれました。(ありがとうございました)

こちらの塾を利用されている方は中古ドメインリストや中古ドメインの販売を行っているので上手に利用されるといいと思います。

ペラサイトでも検索者のニーズを満たしてあげる

ペラサイトであっても「検索者のニーズを満たす」という本来のサイト作りのあるべき姿は変わりません。

朝日

むしろニッチキーワード(悩みがより明白なキーワード)を狙うペラサイトだからこそ、ユーザーのまだ解決されていない悩みを一早く解決させてあげることが大切です。

ユーザーの悩みを上手に解決してあげられるサイトであれば、ユーザーはあなたのサイトでアクションを起こしてくれますよ。

 

悩みが深い分、CVRも高くなります。

悩みKWなどはCVRが20%いくとかいかないとか。

夢がありますよね^^

2020年でもペラサイトで稼ぐ方法まとめ

2020年でもペラサイトは通用します。

そして自分はこれからもペラサイトは稼げると信じています。

「あんなゴミのようなサイトで稼げる時代は終わった」そう思う方も多いと思います。

ですが、アフィリエイトで大切なのは「キーワード」ですよね?

いつの時代も新しいキーワードは次から次へと生まれます。

この隙間をペラサイトで狙うコツを掴めば十分稼げると断言します。

ペラサイトで報酬を狙う時は

  • キーワード
  • ドメインパワー
  • コンテンツ

この3つを意識してくださいね。

ペラサイトは副業で簡単なサイトでサクッと稼ぎたい方にピッタリです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA